解説・用語集

略称アルファベットの正式名称 【頭字語】
GID
Gender Identity Disorder
性同一性障害
MTF
Male to Female
男性→女性 (身体は男性でも心は女性)
FTM
Female to Male
女性→男性 (身体は女性でも心は男性)
TS
Trans Sexual
トランスセクシュアル (性転換を希望)
TG
Trans Gendere
トランスジェンダー (性転換までは望まない)
TV
Trans Vestite
トランスヴェスタイト (服装倒錯症)
CD
Cross Dresser
クロスドレッサー (異性装趣味)
SRS
Sex Reassignment Surgery
性別適合手術・性別再判定手術 (性転換手術)
IS
Inter Sex/Inter Sexual
インターセックス/インターセクシュアル (半陰陽)
RLE
Real Life Experience
リアルライフエクスペリエンス (フルタイム生活)
RLT
Real Life Test
自分の希望する性別で生活をしてみる事
NH
New Half
ニューハーフ {和製英語}
LGBT
Lesbian Gay Bisexual Transgendere
性の多様性と性のアイデンティティ・性的少数者 {肯定的な趣旨}

専門用語の意味 【英語】
パス
pass
自分の希望する性別で通用する事
リード
read
自分の身体での性別がバレる事
ジェンダー
gender
社会的な性別・性表現・性自認・性役割
サードジェンダー
third gender
男性にも女性にも属さない第三の性別
セクシュアリティー
sexuality
性・性別
セクシュアルマイノリティー
sexual minority
性的少数派・性的少数者
カミングアウト
coming out
公表する・告白する
フルタイム
full time
常に希望する性別で生活をしている事
パートタイム
part time
両方の性別で生活をしている事
ゲイ
gay
同性愛者 (男性×男性に使われる事が多い)
レズビアン
lesbian
女性の同性愛者 (女性×女性に限定される)
バイセクシュアル
bisexual
両性愛者 (恋愛対象が男性と女性の両方)
ヘテロセクシュアル
heterosexual
異性愛者 (恋愛対象が自分の性別とは反対)
ホモセクシュアル
homosexual
同性愛者 (男性×男性に使われる事が多い)
アセクシュアル
asexual
無性愛者・性別や性欲が無い人
フェティシズム
fetiscism
衣服や道具などに性欲を抱く事
ネイティブ
native
生まれながらの性別で過ごしている人
ステレオタイプ
stereo type
行動や考え方が固定的な人

専門用語の意味 【日本語】
性同一性障害
身体の性別と心の性別が一致していない状態の人
性別適合手術
身体の性別と心の性別を一致させる為の肉体的な手術
ホルモン療法
ホルモンを投与して身体を心の性別に近付ける処置
性自認・性認識
自分で認識をしている心の性別
純男
身体の性別も心の性別も男性
純女
身体の性別も心の性別も女性
性差
男性である事と女性である事の性別の差
ノンケ
性的に普通の人
オカマ
女装者やニューハーフへの蔑称
オナベ
男装して接客業をしている女性
ニューハーフ
女装して接客業をしている男性
オネエ系
姿が男性のままでも言動や仕草が過剰に女性的な男性
女装
身体の性別も心の性別も男性が趣味で女性の格好をする事
男装
身体の性別も心の性別も女性が趣味で男性の格好をする事
女装者
とりあえず女性に見える格好をした男性
女装男
明らかに男性にしか見えない下手な女装者
女装趣味者
明らかに趣味で女装を楽しむ男性の事
女装子・女装娘
女装趣味者の自称的な肩書やキャッチフレーズ
男の娘
女の子にしか見えない完璧な女装をした若い男性の事
汚装
衣服を着ただけの非常に汚らしい見た目の異性装趣味者
珍装
あまりにもセンスの無い奇抜な格好をした異性装趣味者
変身
女装趣味者が敢えて使っている「女装」を表す別称
半陰陽
身体的な性別が男性でも女性でもない状態
コスプレ(1)
コスチュームを着て該当のキャラクターに成り切って楽しむ行為
コスプレ(2)
故意にコスチュームや衣服を着たまま性交渉などを楽しむ行為


≪性同一性障害特例法≫

身体と心の性別が一致しない性同一性障害の人に対し、戸籍の性別変更を可能にする法律です。
以下の5つの条件などを満たした人が、家庭裁判所に性別変更の審判の請求が可能になります。

                 【1】2人以上の医師に診断されている。
                 【2】現時点で20歳以上である。
                 【3】現時点で未婚の者である。
                 【4】現時点で子供が居ない。
                 【4】現時点で未成年の子供が居ない。
                 【5】生殖機能を失い近似した外観である。

[2003年の通常国会で成立/2004年7月に施行]
[2008年6月に改正案が成立]

+++ 私の状況 +++
        【1】2人以上の医師に診断・・・OK <岡大病院/川崎病院>
        【2】現時点で20歳以上・・・OK <幸か不幸か既に20歳以上>
        【3】現時点で未婚の者・・・OK <幸か不幸か未婚のままですわ>
        【4】未成年の子供が居ない・・・OK <幸か不幸か子供は居ない>
        【5】生殖機能を失い近似した外観・・・NO <SRSの費用が無い>

私は個人的に、この特例法は成立して欲しくはありませんでした。
理由は、金銭的に苦しい当事者は性別変更が出来ないからです。
これではGIDの世界までもが、“格差社会”となってしまいましたね。
戸籍の性別が違うだけでも、世間の対応は大きく違うのが実情です。
同じGIDならばGID同士で、誰もが平等な苦しみであればと思います。
まず成立する前に、高額なSRSの費用だけでも何とか出来ないのか。
金銭的に恵まれた当事者だけが先に進む、不平等な現実が残念です。


※ もし間違いなどがありましたら、ご指摘を頂ければ非常に助かります。


Copyright(C)/愛理の喫茶店・愛理・ゆかりんネットワーク






女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス